AE長物語

140字では足りない長文を投稿しています

2020:半年分の周回記録から見る異節収集

異節ゾンビに送る周回記録。ツブラ全交換+自然回復分のキー消費。あとキャンペーンでちょいちょいキー配ってくれたのでその分も含まれてます。報酬枠は全部開いています。周回数に対する割合とかそういうのはだしてません。めんどくさかったから。やってないことの過半数は面倒くさかったからが理由です。

期間 合計
2020/04/01:
2020/09/30
154(冊)

実はこの記事を書くにあたって以前の記事*1を確認してきたんですが、前回の49冊から3倍の154冊に増えていて控えめに言ってもぎょっとしました。ぶっちゃけドン引きです。3回くらい計算し直したのでたぶん間違ってはないと思います。

前回から何が変わったかというと単純に異節の種類自体が3倍近くに増えているというだけなんですけどね。確かに異節そのものがドロップする回数でいえば確実に多くなりました。ほしいやつ以外はドロップ認定していないのが異節落ちねーって思う原因です。

あと最近は異節が落ちないアナダン(外伝の周回とか異境とか)に行く機会が減ったのでそれも異節をよく見かける気がする要因の一つじゃないかと思っています。まじで異境どうにかなんないんですか?

1冊も落ちなかったやつ

種類 備考
鬼火之唐繻子 実装から33日
カースシーカー 実装から6日

半年もあれば前異節少なくとも一冊以上はドロップするぜ!とか言いたかったんですけど直近1ヶ月以内に実装されたやつは入手できませんでした。言っても1ヶ月なのでまあこんなもんじゃないかなと思っています。

集計期間外なので計上してませんがホオズキの方はこのあとの1ヶ月で5冊以上ドロップしてます。

1冊しか落ちなかったやつ

種類 備考
タケミカヅチ ⊂二二二( ^ω^)二⊃
リビティー 実装から2週間

1冊はドロップしたとはいえリビティーナも実装時期を考えると0冊でもおかしくないです。運が良かっただけです。その後まだ見てないです。

2~5冊落ちたやつ

※赤字は実装から6ヶ月以内の異節

種類
ハイプリエステス 2(冊)
クリムゾン・レイ
アンダーカバー
ミグルアスピーダ
ミカハヤヒ 3(冊)
サラシナヒメ
ブランムナール 4(冊)
パニッシュメント
ミヅハノメ
キュベレー
ハスタアンティカ
ヒュプノシスト 5(冊)
ブリュンヒルド
ティターニア
レミテーター

比較的新しい異節はまだ数が揃ってなくても納得できるんですが(試行回数少ないし)、半年前すでに実装されていた異節で3冊未満しか入手できなかったやつは結構辛いなという感じがします。特に現状ASキャラでしか入手手段のない突、魔の武器種ZONEなんかがこの調子だとモチベだだ下がり。関係ないけど私はリビティーナがほしいです。

6~10冊落ちたやつ

種類
ステラ 6(冊)
カースブライド
テンタクルメア
ルフトゥ・アルヴ
オルコフィーリャ
蝶火女 7(冊)
メロウディーヴァ
フィエルテベート 8(冊)
マグナ・レクス 9(冊)
ヤソマガツヒ
ラブロスキアー
ビューティポリス
神聖騎士 10(冊)

真証までつくった異節がそれ以降はただの特殊結晶にしかならないの本当に釈然としないなという気持ち。植えておいたら蝶火女スタイルの巻きわらとか生えてこないんですか? もうそれでよくない? 砕きまくったから今やられたら般若の顔になるけど。

ダンジョン内訳

VH 80(冊)
ガルレア系 74(冊)
合計 154(冊)

一見ガルレア少ないじゃんって思いそうですが(自分でも集計してそうでもないなって思った)、ガルレア大陸全般の周回数って石割り抜きだとキー消費数の関係上VHダンジョンの3分の2くらい(何も考えずに言ってるから信じないでね)なので、それを考えると1周あたりのドロップ数としてはかなり健闘しているんじゃないかと思います。

硬玉にも困ってないしシェリーヌの天を上げる理由もないんだけど所要時間が短くて済むので惰性で未来ガルレアに通い続けている。バラ棘がもうちょっと集まるまでは通うかも。使ってないけど。

総括

こうして半年くらいのスパンで見るとまあおおよそ5冊くらいは見るかな、という印象になりそうですが、実際細かい日付を見ていくと短期間に2,3冊入手してあとはまったく音沙汰なし、という異節も結構あります。

例えばミヅハノメの異節は半年で4冊ドロップしたということになってますが、実は8月上旬に4冊目を入手したのが最後で以後3ヶ月以上ドロップしていません。かたやブランムナールは9月だけで3冊ドロップして最終的に4冊入手したことになっています。これを聞くと「はい半年で同じ数だけ落ちましたー」ってちょっと感覚的にそれはちゃうんちゃう? ってなりません? なりました? なるよね? 

データって切り取り方一つで印象が変わってしまうことが多いんですが、印象ではなくて何が書いてあって何が書いてないのか、ということで判断することが大切なのかもしれないと思います。なんでこんなことを言うかというと、集計期間外の3月だけでもタケミカヅチは2冊、アンダーカバーとクリムゾン・レイはそれぞれ1冊ずつドロップしているからです。

まあ結局のところリビティーナが貰えれば文句はないんですけど、さすがに半年くらいしたSCしてできるんじゃないかなとあまり期待せずにだらだらやっていこうと思います。

お腹がへったから今日はここまで。

*1:半年分の周回記録から見る異節収集 - AE長物語 別に面白くないので読まなくていい

プライバシーポリシー