AE長物語

140字では足りない長文を投稿しています

ブログについて

このブログは、まりも子@natural_marimoが『©WFS アナザーエデン 時を超える猫』について好き勝手に書いているものです。アナダンの周回結果や各報酬のドロップ率など、SNS等では扱いにくい長めの内容を記事にしています。

個人の観測範囲でのデータ量ではあまり精度が高くないのですが、何かの参考になれば幸いです。

著者

2017年5月頃からアナザーエデンをプレイしています。自称準やりこみ勢のいい大人です。ゲーム自体は下手なほう。

著作権について

当ブログは個人の運営する非公式ブログであり、公式ならびに関係各社の一切と無関係です。

当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用は固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用も厳禁いたします。

当ブログ内で使用する画像、ゲーム内情報の著作権の一部は©WFSに帰属します。著作情報の取り下げ依頼につきましてはお問い合わせページよりご連絡ください。

2018年9月に発覚したガチャ不正関連に対してのスタンス

どこかで触れておかなければならないと思ったので、ここで書いておきます。

当該の不正に関しては

  • 確率操作をしていたことに対する不信感
  • 初動(消費者に対し石を100個投げて騒動をもみ消そうとした)のお粗末さ
  • 二次対応(いわゆる高負荷ガチャを引いたユーザーには補填をし、バグの存在を知り回し控えたユーザーには何もなし)の不公平さ
  • 最終対応(発覚時点でゲームを始めていたプレイヤーのみならず、その後ゲームを始めた新規プレイヤーにも「お詫び」を配布した)の意味不明さ
  • 本件に対し誰がどういった形で責任を取り、今後どのような再発防止策が取られるかなどの明確な発表がないこと
  • WFS(前Wright Flyer Studios)代表某氏の消費者を煽るような行動

などを鑑みても、2019年1月現在未だに問題が解決しているとは思っていません。

とりわけ新規ユーザーまで範囲を広げた誰に何を詫びているのかわからない「お詫び」の配布や、しきりに「公平性」を保つためと説きながらまったくもって公平性を欠く運営の対応は消費者に対し不誠実を極めているとしか言えず、今後の方策さえ明らかになっていない状態でこのゲームにお金を落とすということは、運営側のそういった対応を助長することだと思っています。

運営としては事件後何も知らずお金を落としてくれる新規ユーザーを呼び込めたことでしてやったりなのでしょうか、誠意ある対応を求めた消費者をないがしろにし、リリース時からのプレイヤーが何も言わずいなくなってしまったことが個人的にはとても残念です。

※2019/04追記 2周年公式生放送でも触れられたのは「ユーザーに心配をかけたこと」についてのみであり、問題の核心部分については今なお不明瞭な点があることに変わりはありません。

よって、これを以てガチャ不正関連の問題が解決したと結論づけることは出来ないと判断しています。

プロフィール
id:icypetal